実印登録のメリットとデメリット 



“ある程度の年齢に達した日本人ならば、必ず持っているといってもいい事務用品に印鑑があります。ほとんどの人は銀行などの金融機関に預金口座を開設してあるでしょうが、口座の開設手続きには印鑑が必ず必要になるので預金口座を開設済みの人は自分の印鑑を必ず持っていることになります。 また、役所などに提出する書類などにも印鑑を押印することが必要ですし、何らかの契約ごとをする際にも押印が求められます。そのため、ある程度の年齢に達した人の場合、少なくとも一本は印鑑を持っているはずです。 私たち日本人の生活には印鑑というものはとても大事な役割を果たしていますが、その印鑑の中には実印と呼ばれるものがあります。この実印に関しては人によっては全く出番がない場合もあり、誰もが持っているという性質のものではありません。しかし、提出する書類や契約の内容によっては普通の印鑑ではなく、実印を押印することが求められる場合もあります。 通常の印鑑は街の文具店などで購入することができますが、このような印鑑は大量製品であるため、おなじ苗字の人であれば多くの人たちが同じ印鑑を使用していることになります。そのため、本人であることを証明しなければならない書類や契約時には押印された印鑑は非常に信用力に欠けてしまいます。押印される印鑑の信用力を上げるために実印登録が必要になってくるのです。 実印登録のメリットとしては、居住地の各市町村に対して印鑑を登録することで押印された印鑑が本当に自分のものであるかを証明できる点にあります。 反対にデメリットには盗難や紛失した際に第三者に実印を悪用されてしまうリスクが高くなってしまう点にあります。”